バイコーソウニュースベント BAIKOUSOU NEWS

卒業犬紹介

2020年4月29日 卒業

1a

犬種:ラブラドールレトリーバー

呼び名:クール

生年月日:2018年7月3日

オーナー様:坂内 諒家様

トレーナー:堤 大和

コメント

とても元気な性格のクール君にしっかりとしつけを教えたいということで入校しました。

クール君は入校当初からとても物覚えがよく、色々な課題を次々に覚えることが出来ました。

4ヵ月弱ではありましたが、卒業は近づく頃には、他のワンちゃんや人が近くにいても気にしないでトレーナーに集中し指示を聞く事が出来る様になりました、

卒業後はしつけ教室に通ってけることになり、クール君と坂内様ご家族の生活をより良く過ごせるよう、これからも頑張っていきましょう。

2020年4月9日 卒業

IMG_1681

犬種:ミックス

呼び名:チル

生年月日:2017年3月3日

オーナー様:鎌田 直彦様

トレーナー:渡部 哲也

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ・Ⅲ

コメント

飛びつき、お散歩の引っ張り、社会化がお困りでお預かりする事となったチルちゃん。

人懐こくとても意欲的で明るく元気なワンちゃんでした。特にボール遊びが大好きで、入校したばかりの頃からとても楽しそうに遊んでくれました。

この楽しい気持ちを活かしながら、基本的なトレーニングを進めて行きました。

大旨意欲的にトレーニングに臨んでくれ、素直な姿勢で学んでくれました。元気がありすぎるので、やはり「マテ」等の静止の動作に苦戦してしまいましたが、根気強く一歩一歩しっかりと進めて行き、「休止」の長い「マテ」が出来るレベルになりました。また「あとへ」といった指示もしっかり聞く事が出来る様になり、オーナー様とのご面会、練習の際にも指示を聞く事が身についたため、自分の感情のコントロールがとれるようになり「飛びつき」も改善していきました。

また、持ち前のボール好きを活かして、フライボールにも挑戦。活き活きとした表情でトレーニングに臨んでくれ、あっという間にマスターしてくれました。競技会に出るレベルになったので、本部競技会にエントリー。しかし、台風19号やコロナウィルス感染拡大の影響で中止となり、残念ながら出場はかないませんでした。機会があれば是非またエントリーしたいと思います。

卒業前には訓練試験の高等科レベルに受験し、無事合格する事が出来、自分自身もチルちゃんとのトレーニングを通して、沢山の事を学ぶことが出来ました。長い間お預かりさせて頂き本当に有難うございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

2020年3月20日 卒業

モネ1110

犬種:トイ・プードル

呼び名:モネ

生年月日:2019年6月12日

オーナー様:内宮 真莉奈様

トレーナー:若林 茉歩

訓練試験:JKC CDⅠ

コメント

オーナー様の内宮様が妊娠され、十分なトレーニングをする事が難しいと言う事でお預かりトレーニングをさせて頂くことになりました。

小さなモネちゃんは入学してから多くのお客様やスタッフに可愛がられて、梅香荘のアイドルのような存在でした。

トレーニングでは、人と一緒に遊ぶことからスタートしました。

甘噛みをしていたので、手を噛むのではなく、おもちゃを噛んで遊ぶ事から教えました。モネちゃんはすぐに覚えてくれ、ボール遊びが大好きになりました。

 基本的なトレーニングでは、大旨すぐに覚えることが出来ましたが、「待て」がとても苦手でした。

体が小さく怖がりな性格なので、そばを離れることに不安になってしまうのか、中々その場にじっと待つ事が出来ませんでした。

なので、短い距離からコツコツ根気強く練習し、必ず戻ってくることを教えました。その結果、距離を伸ばしても、目を離してもしっかり「待つ」事が出来るようになりました。

他にも犬見知りなモネちゃんでしたので、ワンちゃん達と挨拶の練習、遊び方などをモネちゃんよりも年上のワンちゃん達に沢山教えてもらいました。

最初は怖くて人の足の間によく隠れてしまいましたが、少しずつトレーニングをしていくうちに、積極的に挨拶が出来るようになり、パピーパーティーやパピー教室では、見本としてトレーニングの成果を発揮する事が出来ました。

モネちゃんのお預かりトレーニング中、無事に可愛い赤ちゃんが誕生し、卒業後、モネちゃんは、持ち前の明るさで良いお姉ちゃんとなっていることでしょう。

元気よく可愛いモネちゃんを4ヵ月半トレーニングさせて頂き有難うございました。

また、いつでも遊びにいらしてください。

2020年2月23日 卒業

卒業エメ

犬種:ゴールデンレトリーバー

呼び名:エメ

生年月日:2018年3月6日

オーナー様:赤木 圭祐様

トレーナー:水野 彩子

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ

コメント

見る犬全てに吠えかかり、強い力で引っ張り、またご自宅にいる他のワンちゃん達と上手に付き合うことが出来ないという事で、お預かりトレーニングをさせて頂くことになりました。

飛びつく引っ張ると、自分の欲求の思うままに動き回っていたエメちゃん。トレーニングでも、始めは思い通りにならないと「見えない」「聞かない」を貫き、とても意思がはっきりしていました。まだ子供で幼い表現も多く見受けられたので、まずアイコンタクトを取って楽しく人と遊ぶことから始めました。

エメちゃんは、物品意欲は素晴らしく長けており、一方でじっと落ち着く事「マテ」が中々出来ませんでしたが、この長所と短所をよく理解しながら根気強くトレーニングを進めていきました。

その他に、小型犬から大型犬まで沢山の犬種と遊ばせ、ワンちゃんとのコミュニケーションのトレーニングも行いました。

また、学校外でお散歩したり、トレーニング以外でもふたりでゆっくり過す時間を作り、それを大切にしました。この様な交流で、親交もさらに深める事が出来、エメちゃんは一層活き活きと目を輝かせながらトレーニングをしてくれるようになりました。6ヵ月以上のトレーニングをさせて頂いた結果、以前の問題行動は改善され、飛びつくなどの欲求も「スワレ待て」で抑えることが出来るまでになりました。

しかし、まだまだ活発元気なエメちゃん。卒業後はお教室でトレーニングを継続させて頂きます。これからも楽しくエメちゃんと向き合っていきたいです。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

 

2020年2月22日 卒業

鉄平卒業

犬種:甲斐犬

呼び名:鉄平

生年月日:2018年5月2日

オーナー様:N Y様

トレーナー:味澤 英敏

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ

 

コメント

基本的なトレーニングと、散歩時の引っ張りを直してほしいということでお預かりをさせていただいた鉄平君。

もともとはとても活発で元気な子ですが、入校直後、学校の様子をじっくりと観察していたり、周りの音に逐一興味を示していたことから、学校に慣れるまでに時間がかかるだろうと思いました。

しかし、一度学校に慣れてからはとても賢く素直な顔を見せ、トレーニングはスムーズに進みました。そして、一度基本的なトレーニングを入れてからは、不意に鳴る音等に慣れさせ、周りの状況に動じないようにするなどして、散歩時の引っ張りを直すことにつなげていきました。鉄平君とのトレーニングの中で一番力を入れたところといえば、不意に鳴る音に反応し、トレーニング中でも音源から一旦距離を取ろうとする癖を直すところでした。これは散歩時の不意の引っ張りにもつながるため、優先的に慣らしていきたい部分でした。

肝腎の引っ張り癖ですが、もともと引っ張り癖は強かったものの、性格は素直であったため、一歩一歩焦らずに訓練をしていくことで引っ張り癖は順調に改善していきました。また、招呼を重視して訓練することにより、卒業間際には、散歩時に何かをしていても「おいで」と言えばその時していることを中断し、しっかりと横についてくれるようになりました。

今後、ペットホテルで利用していただけるとのことで、また鉄平君に会える日を楽しみにしています。7カ月、鉄平君とトレーニングをさせていただき、ありがとうございました。

2020年2月22日 卒業

卒業ヤマト

犬種:柴

呼び名:ヤマト

生年月日:2015年9月30日

オーナー様:H T 様

トレーナー:松田 夏生

コメント

噛み癖があるということで入校したヤマト君。入校当初は環境の変化もあってか体に触られると嫌そうな顔をする程、全く受け入れない態度でした。なので、まずはお散歩や一緒に走り回ったりとヤマト君の好きなことで交流を深めていきました。すると、徐々に明るい表情を見せてくれるようになり、おもちゃやおやつに対しても喜んでくれるようになりました。

トレーニングでは、ヤマト君の良い表情を保ちながら服従トレーニングを進め、良く出来たら褒め、おもちゃで思いっきり遊んで楽しく行いました。

日々の生活でも、「スワレ待て」を活用し、ルールを作り徹底し、今まで噛付いてきた状況で噛付かれないよう、しっかり対応していきました。

また、お手入れのトレーニングもしっかり行い、少しでも触らせてくれたら「良し」とおやつをあげることからはじめ、日々欠かさず行いました。そして、以前は怒っていたのが、きちんとさせてくれるまでに成長しました。お手入れを受け入れてくれるようになってからは、人や犬に対する態度も変わり、自分から甘えるような態度をとったり、笑顔を見せるようになり、日頃の生活でもアイコンタクトがよく取れるようになりました。

ヤマト君をトレーニングさせて頂き有難うございました。今後はしつけ教室で引き続きトレーニングを行い、お互いが良い気持ちで過ごすことが出来るよう頑張りましょう。

2020年2月10日 卒業

卒業ショーン

犬種:エアーデルテリア

呼び名:ショーン

生年月日:2018年9月11日

オーナー様:三宅 一心 様

トレーナー:野呂田 郁美

コメント

散歩時の引っ張りや人への飛びつき、甘噛みがお困りで入校したショーン君。

入校当初は、環境ががらりと変わったこともあり、尻尾を丸めてビクビクした様子でした。

しかし、よく声をかけてあげたり、おもちゃ遊びをしていく内に、徐々に学校に慣れてくれました。ご家庭のご都合で2ヵ月間と短い期間でのお預かり訓練でしたが、アイコンタクトもすぐに取れるようになり、お勉強だけでなく、日頃のおトイレに行くまでの間でも「あとへ」の指示を良く聞き、とても頭の良いショーン君でした。

今後は、通学トレーニングでトレーニングを続けさせて頂ける事になり、今後もショーン君のトレーニングに励んでいきます。宜しくお願い致します。

 

2020年1月10日 卒業

卒業レオ

犬種:ゴールデンレトリーバー

呼び名:レオ

生年月日:2018年4月

オーナー様:鈴木 恵美 様

トレーナー:荻野 明美

コメント

レオ君はとても元気が良く、お散歩時の引っ張り、日頃の落ち着きのなさを改善すべくお預かりさせて頂きました。

入校当初のレオ君は、アイコンタクトが取れず、人の話に耳を傾けてくれませんでした。

しかし、レオ君はおもちゃが大好きなので、おもちゃ遊びで親交を深め、アイコンタクトのトレーニングを行い、トレーナーに集中する事を教えました。アイコンタクトトレーニングでは、はじめ、とにかく周囲のワンちゃんなど、色々なものに気が散ってしまい、中々上手くいきませんでした。しかし、根気強く向き合い、出来たら大好きなボールがもらえると理解出来るようになってからは、どんどんお勉強のやる気が出て、コミュニケーションも良くとれるようになり、トレーニングの課目もみるみる覚えていきました。

指示をしっかり聞けるようになったので、お散歩では「あとへ」、飛びついたりと興奮状態の時にも「スワレ待て」と指示をかけ、レオ君自身も指示を聞かなければいけないと考える様になったので、少しずつ節度ある行動が取れるようになっていきました。

5ヵ月間のトレーニングで卒業したレオ君。レオ君がおうちに帰ってからも、梅香荘でのトレーニングを活かし、鈴木様の言うことをきちんと聞いて過してくれることを願っています。

通学トレーニング 卒業 浅野宙(そら)くん

卒業コメント【宙】1

浅野宙(そら)くんは、去年11月8日からしつけ教室でトレーニングが始まりました。

お散歩の引っ張りや無駄吠えといった事がお困りで、通い始めた宙(そら)くん。

無事2月でトレーニングを卒業することとなり、今回オーナーの浅野様より、コメントを頂きました。

 

 浅田様よりコメント

大変お世話になりました。

宙(そら)を教室に通わせた当初から考えると、現在はお教室の効果があったと思っております。

宙(そら)も教室に行く日は分るようで、自分からケージに入ります。

それだけで楽しかったのではないでしょうか。

今日で最後となり、宙(そら)もさみしく思うでしょう。

スタッフの皆様には感謝しております。

有難うございました。

 

卒業コメント【宙】2

2019年12月21日 卒業

IMG_8253

犬種:MIX

呼び名:ぷく

生年月日:2015年5月20日

オーナー様:領塚 和夫 様

トレーナー:味澤 英敏

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ・Ⅲ 合格

コメント

 ぷくちゃんは、愛くるしい表情に反し噛み癖が激しく、御家族に対してもふとしたことで噛むということでお預かりをさせていただきました。

 入校した当初、爪切りはもちろん抱っこやブラッシングでも威嚇し、手やコームに噛みつくという状態であり、まず抱っこやブラッシングに慣らすことから始め、すぐにおとなしくブラッシング等をさせてくれるようになりました。

 しかし、御面会時にぷくちゃんの頭をなでようとしたところ、激しい噛みが始まりました。実はぷくちゃんは、「その場にいる一番好きな人」にのみ気を許すため、誰がいるかによって噛みつきの度合いが変わる子でした。そのため、普段指導手に噛み癖が出なくとも、御家族がいらっしゃると噛みが再発したのです。おうちにいるときも同じで、その時におられる御家族次第で噛み方、噛み先が変わっていました。

 求められる訓練は、ぷくちゃんの許容範囲を広げていくこと。まず多くのスタッフに気を許し、その上で「一番好きな人以外」に触られても構わないと思ってもらうことが、噛み癖を直すのに必要なことでした。

 これは時間がかかる訓練であり、しばらくの間、御面会時に興奮し、噛み癖が出ることが多くありました。しかし、持ち前の賢さで服従訓練は非常に順調に進んでおり、預かりの後半にはそれも相まって飛躍的な成長を見せ、噛み癖が出ることもほとんどなくなりました。

 また、服従訓練においては入校当初から素晴らしい実力を発揮し、大きくつまずく課目もほとんどありませんでした。そのおかげで集中力を伸ばすことを重視することができ、CDⅠ、CDⅡはもちろん、難関のCDⅢであっても集中力が途切れることはほとんどなく、危なげなく合格することができました。

 長い期間、ぷくちゃんと訓練をすることでさまざまなことを学ばせていただき、ありがとうございました。今後とも、何かございましたらぜひ御相談ください。

  • お気軽にご相談ください 株式会社 梅香荘警察犬・家庭犬学校へのお問い合わせ048-726-2423
  • お気軽にご相談ください メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
Pagetop
Page top