バイコーソウニュースベント BAIKOUSOU NEWS

卒業犬紹介

2018年12月2日 卒業

DSCF7086

犬種:ゴールデンレトリーバー

呼び名:あい

オーナー様:佐々木 信一 様

トレーナー:荻野 明美

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ 合格

 

コメント

あいちゃんは、佐々木様がお手入れの最中等何度か噛まれてしまい、今後あいちゃんとどのように接したら良いかを悩まれ、梅香荘へお預かりさせて頂くことになりました。

ご自宅へのお迎えの際に出会ったあいちゃんは、男の子のように大きく、鋭い目で見つめられたのを覚えています。

梅香荘スタッフは基本笑顔で、しかし注意深く接しようとあいちゃんを迎えましたが、日常生活ではあまり問題は起きず、スタッフが来るとしっぽを振ってご機嫌そうでした。

しかし、はじめてのシャンプーの時、あいちゃんの深刻な問題を目の当たりにしました。

牙をむき出しにして唸り、スタッフも懸命に声をかけ落ち着かせようとしますが、全く受け入れようとしませんでした。

この様な時にも基本的なトレーニングの徹底、そしてトレーニングによる上下関係の構築がとても重要となります。そし“我慢”を覚えて貰わなければなりません。

トレーニング中のあいちゃんは、とても聞き分けが良く、「スワレ」「あとへ」「待て」「よし来い!」といった内容を素直に聞き入れ、楽しくこなしていました。

問題のシャンプーやお手入れの際は、「待て」の指示を徹底的に行い、少しでも我慢して待てたらおやつをあげてとても良く誉めてやりました。この様なお手入れトレーニングをこまめに行っていくことで、徐々に慣れていったのか、目つきや表情が怪しくなるものの、噛みつかずに我慢するようになりました。しかしシャンプーはまだ受け入れてくれないので、今後も根気強くトレーニングを行い、梅香荘スタッフはもちろん、どうかオーナー様でもシャンプーを出来る様に日を願って頑張りたいです。

佐々木様とのトレーニングでは、毎週のように梅香荘に通われ、お手入れトレーニングも含め懸命にトレーニングに励んでおられました。また、梅香荘で犬友達が出来たりととても楽しそうに過ごされていたのがとても印象的でした。

卒業前には、訓練試験にも見事合格し、卒業後はしつけ教室に通って下さっています。

佐々木様とあいちゃんが楽しく穏やかに暮らすことが出来る様、今後も頑張ります!!

 

 

この

2018年11月3日 卒業

日記1-1

犬種:ラブラドールレトリーバー

呼び名:マッシュ

オーナー様:齋藤 峰行 様

トレーナー:阿部 菜津美

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ 合格

 

コメント

活発でボールが大好きなマッシュ君。

物品意欲がとても強く、動くことが好きだった為、毎日の訓練も楽しそうに行ってくれました。新しい事をどんどん覚えていくマッシュ君に驚きながらも、訓練を楽しく進められるように考えるのが毎日の楽しみでもありました!

その反面、知らない犬に吠えたり、ハードルにビックリしたり、音に驚いたりという神経質な面もありました。なので訓練だけでなく、色々な環境に慣らすトレーニングや、どんな場所でも「止め、待て」という指示を聞くトレーニングも同時に行っていきました。

訓練が進むにつれて、マッシュ君とも仲良くなれ、信頼関係を築くことが出来たと思います。

少しの間でしたが、マッシュ君との日々は試行錯誤の連続で私の学びになりました。マッシュ君に出会えて良かったです。離れるのは寂しいですが有難うございました。

またお教室などでお会いできるのを楽しみにしております。

2018年10月25日 卒業

卒業コメントりい

犬種:ジャックラッセルテリア

呼び名:りぃ

生年月日:2014年4月12

オーナー様:小畑 澄子 様

トレーナー:荻野 明美

 

コメント

りいちゃんは3歳の時に、「無駄吠えが酷い」という理由でお預かりしました。

すでに3歳という年齢で、果たして直すことが出来るのか正直不安でした。

しかし、実際のりいちゃんは、入校当初から食欲旺盛・おもちゃにも元気いっぱいに遊んでくれました。

小さいながらもとてもエネルギッシュなので、たっぷり動き回ってトレーニングを行いましった。もともと意欲的な性格のりいちゃんでしたので、基本的なトレーニングはしっかりと身に付きました。

特に、自発的に動く「障害飛越(ハードルを飛べ)」はとても大好きで、とても楽しくトレーニングが出来ました。

基本的なトレーニングである「おすわり」「マテ」、また「いけない!」という注意の言葉を覚えてからは、ハウス内での無駄吠えやめさせるトレーニングを始めました。ハウス内で勢いよく吠えたときは「いけない!」「スワレ・マテ」と徹底的に注意していき、結果、吠えることをやめることを覚えてくれました。

お預かりして4か月が経った後は、小畑様とのトレーニングの練習も行いました。週に一回、りいちゃんの面会の際に、練習をして頂き、とても熱心に取り組んで頂きました。

はじめは、遊ばれてしまって中々上手くいきませんでしたが、次第に小畑様の指示を聞くようになりました。

卒業後は、出張訓練で引き続きトレーニングを行っていきます。ジャックラッセルテリアの底知れぬエネルギーを満たしてあげるためにも、梅香荘でしっかりトレーニングをしていきたいと思います。

6か月間有難うございました。これからも宜しくお願い致します。

2018年10月21日 卒業

卒業コメントゴン

犬種:フレンチブルドック

呼び名:ゴン

生年月日:2016年3月24日

オーナー様:石田 年恵 様

トレーナー:野呂田 郁美

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ 合格

 

コメント

基本的な服従が出来ない状態で入校したゴン君。

入校当時は“とても活発な男の子”という印象でした。しかし、人と一緒に遊ぶことを知らず、目を合わせようともしませんでした。なので、まずは、コミュニケーションをとれるようにする為、体を触ったり、声をかけたり、名前を呼んで振り向いたら褒める という事から始めました。それと並行におもちゃを投げたり動かしたりと“人と一緒に遊ぶことは楽しい!”という事を教えていきました。

その結果、1か月半後にはアイコンタクトを取れるようになり、おもちゃの引っ張りっこ遊びも出来るようになりました。そこからはスムーズにトレーニングが身に付き、最終的にはCDⅡ(中等科)のレベルのトレーニングが出来るまでに成長しました。

また、トレーニング以外にも「フライボール」というドックスポーツにも挑戦し、とても楽しく行うことが出来ました。

ゴン君との貴重な時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみにしています。

2018年10月7日 卒業

卒業コメントそら

犬種:豆しば

呼び名:そら

生年月日:2017年7月3日

オーナー様:村田 佳太朗 様

トレーナー:荻野 明美

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ 合格

 

コメント

そらちゃんは生後7か月くらいから、8か月間お預かり訓練をさせて頂きました。豆しばなのでとても小さく、人懐こく、犬とも元気良く仲良く遊ぶことが出来るとても良い子でした。

もちろん、おもちゃに興味があり、トレーニングはおもちゃを使いながら行いました。「おすわり」「フセ」「立って」その場の「マテ」と基本的な事はあっという間に覚えることが出来ました。

しかし、そんなそらちゃんにも苦手なものがあり、それは「だっこ」でした。「だっこ」するときに落ち着きがなく、逃げようとしたり、ようやく「だっこ」が出来ると暴れたりしてしまいました。

そんな苦手分野には「すわれ・マテ」で克服することが出来ました。日頃「すわれ・マテ」でだっこをされ、「まて」と言われてじっとしていることを繰り返し行い、少々嫌なことをされてもガマンする事を覚えてくれました。

そらちゃんは、しつけ教室のパピートレーニングにも先輩犬として参加してくれ、お教室に通っているパピーちゃん達に、コミュニケーションを教えてくれました。

卒業前には、訓練試験CDⅡ(中等科)レベルに挑戦し、見事合格!!また、ご家族の方々とトレーニングの練習をし、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

8か月と長い間、本当にありがとうございました。近くにいらした際には、是非遊びにいらして下さい。

2018年9月23日卒業

DSC_1442

犬種:ボーダーコリー

呼び名:ムク

生年月日:2015年8月15日

オーナー様:涌井 美登里 様

トレーナー:堤 大和

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ 合格

 

コメント

神経質で知らない人に対して近づいてくると咬みついてしまうという事で入校したムク君。入校当初は担当訓練士に対してはすぐに慣れることが出来ましたが、それ以外のスタッフが手を出したりすると咬もうとしたり、ブラッシングの際にも、足に触ると咬むといった問題行動がみられました。

はじめのトレーニングは、やはりスキンシップから始まりました。おやつやおもちゃが大好きなムク君はすぐに担当訓練士との交流を楽しんでくれ、あっという間に仲良くなることが出来ました。そして、とっても頭の良いムク君は、集中力があり覚えが早く、あっという間にトレーニングが進んでいきました。

また、ムク君の一番の問題点である「知らない人に対して咬みつく」という行動に対して、日頃行っている「待て」のトレーニングを活用し、人が近づいてくるときは「すわれ・まて」の指示をしっかり行い、向わせないようにしました。そして、スタッフや知らない人(梅香荘のお客様)から大好きなおやつを貰うという良い経験を重ねていきました。すると、徐々に穏やかな表情を見せてくれるようになり、攻撃的な行動を取らなくなりました。もう一つムク君の嫌いなお手入れの際にも、「待て」の指示と誉めて上げるコミュニケーションで我慢してお手入れをさせてくれる事が出来るようになっりました。

卒業前には、訓練試験の中等科レベルに挑戦し見事合格!!また、アジリティーにも挑戦し、卒業後はアジリティー大会に出陳するべく、通学トレーニングを通っています。

これからもムク君と一緒にアジリティーが出来ると事を嬉しく思います!!これからも宜しくお願いします。

2018年7月3日 卒業

【卒業】加藤ジョン

犬種:ラブラドール・レトリバー

 

 

呼び名:ジョン

 

生年月日:2017年10月31日

 

 

オーナー様:K・M 様

 

トレーナー:野呂田 郁美

 

訓練試験:

 

コメント

 元気の塊のようなジョンくんは、いたずらをなくしてほしい、元気なのは嬉しいけれど少し落ち着いて欲しい、ということで、4ヶ月間預かり訓練でトレーニングをすることになった子でした。

 ご家族からのご要望はよくわかります。けれど入学当時のジョンくんは生後4ヶ月。まだまだありあまる好奇心と体力を持てあましている時期です。そのエネルギーをいたずらではなく、運動で満たせるように方向転換させるようにトレーニングをしていくことになりました。

 元気の塊でさらに、とても人懐っこいジョンくんとのトレーニングはとても楽しいものでした。トレーニングにおもちゃを使うことで運動量を増やし、運動する満足感を覚えてもらいつつ、スキンシップをたくさん撮りました。

 その結果、トレーニングも順調に進み、ジョンくん自身もとても楽しそうに向き合ってくれました。

 基本的なトレーニングはもちろん、お家に帰ってからは飼い主様の指示で落ち着けるよう、卒業後の生活を前提にした方法でのトレーニングも加えていきました。例えば、ハウスから出す前におもちゃを使って遊んだり、テンションが上がって飛び跳ねてしまうのを防ぐためにリードを短く持つようにしたり、といったことです。

 結果、卒業の頃には問題行動として伺っていたほとんどのことは解決していました。とはいえ、またなにかの拍子にテンションが上がりすぎてしまうことがあるかもしれません。飼い主様には、お伝えして方法をお試しいただけたら嬉しいです。

 4ヶ月という短い期間でしたが、充実した時間をありがとうございました!

 大きくかっこいい男の子になったジョンくんに会える日を楽しみにしています!

2018年6月9日 卒業

卒業 中村エルマー

犬種:ジャーマンシェパードドッグ

 

呼び名:エルマー

 

生年月日:2017年6月25日

 

オーナー様:中村 様

 

トレーナー:藤村 麻央

 

訓練試験:CDⅠ CDⅡ PBHⅠ

 

コメント

 この梅香荘で生まれたエルマーくん。はじめて会ったのは、まだ兄弟犬とヨチヨチ校内を駆け回っていた頃でした。そんな可愛らしい姿に魅せられたのは、もちろん1人2人の話しではなく、お客様含め、見掛けた人全員の心を掴んでいたのではないでしょうか。

 そんなエルマーくんはその後、中村様ご家族の元に引き取られていきました。

 そして4ヶ月がたった頃、すくすくと育ったエルマーくんは、「可愛い」から「カッコイイ」に変身するため、預かり訓練のコースで入学しました。

 入学当初は、人や他犬種に向かって吠えてしまうことが多く、繊細な面が目立っていました。そこで、トレーニングメニューは基本的なものはもちろん、エルマーくん特別メニューとして、人や他犬種との触れ合いを取り入れることにしました。

 どんなことも“慣れるとへっちゃら”なタイプのエルマーくんは、トレーニング=楽しいこと、と覚えてくれたおかげで、新しいことをどんどん覚えていってくれました。同時に、学校で一緒に暮らしている他犬種とも徐々に慣れ、仲良くなっていけました。その結果、入学当初は多かった無駄吠えも目に見えて少なくなっていきました。

 学校の中でのトレーニングだけではなく、エルマーくんは展覧会、競技会に何度も出陳させていただきました。どちらの会場も、たくさんの犬、そして人が集まる場所ばかり。以前のエルマーくんならば、難しい条件だったと思います。

 けれど、トレーニングが進み、経験を積んだ後は、そのような中でも落ち着いて実力を発揮してくれる、そんな強さを持ったかっこいいシェパードに成長してくれました。

 私自身、はじめて担当させていただいたシェパードがエルマーくんだったので、犬種としての特徴や気質に加え、エルマーくん自身の性格と合わせて、なにもかもが手探りの毎日でした。

 それでも、エルマーくんと一緒に様々な方法を試していく毎日は、とても新鮮でかけがえのない宝物になりました。

 二人三脚で頑張ってくれたエルマーくん。そしてそんな可愛いエルマーくんを預けてくださった中村様ご家族に、とても感謝しています!

 一旦、お家に帰った後、再度預かり訓練のコースで戻ってくるエルマーくん。

 さらに上のレベルのトレーニングを目指し、もっともっと頑張ります!

 まずはここで一区切り。お疲れ様でした!

 またお会いできる日を楽しみに待っています!

2018年6月4日 卒業

卒業 生駒くま

犬種:ジャーマンシェパードドッグ

 

呼び名:くま

 

生年月日:2017年6月25日

 

オーナー様:生駒 様

 

トレーナー:荻野 明美

 

訓練試験:PBHⅠ

 

コメント

 生後4ヶ月でお預かりしたくまくん。学校生まれで、生駒様の家族に迎えていただいたという経緯の子でした。その為、他の預かり訓練で入学した子たちに比べて、環境に慣れるのがとても早く、すぐにトレーニングをはじめることができました。

 なにに対してもすぐに興味を示してくれるくまくんは、ボールや他のおもちゃが大好き。おかげで、トレーニングをはじめたばかりの頃にぶつかりやすい、集中し続けるという課題を難なくクリアできていました。もちろん、トレーニングの時ばかりではなく、元気いっぱいのくまくんにとって各種のおもちゃは、追いかけて走り回れる、大好きな遊び相手にもなっていました。

 トレーニングと並行してくまくんが頑張っていたのは展覧会でした。最初は言われるままにただコースを走っていたのではないかと思います。けれど練習を重ねていくうちに、真っ直ぐ前を見つめて、凛々しくピンと耳を立てて集中を途切れさせることなく走りきってくれるようになりました。

 参加したどの展覧会でもくまくんは優秀な成績を修め、生駒様にも表彰台に立っていただくことができました。

 はじめの頃はとても小柄で線の細い子でしたが、様々なトレーニングをこなすうち、すごく大きく成長していきました。

 やる気があり、活発なくまくんは一緒に遊ぶことが大好きだったので、警察犬協会の訓練試験を目指したトレーニングをプラスしていきました。そして無事、PBHⅠという訓練試験に合格することができました。

 たくさんのことにチャレンジさせていただき、くまくん自身にもとてもいい経験になったと思います。

 卒業後も、ぜひ遊びにいらして下さい。

 お会いできるのを楽しみにしています!

2018年5月19日 卒業

【卒業】梶本ゆず

犬種:ボーダーコリー

 

呼び名:ゆず

 

生年月日:2016年2月27日

 

オーナー様:梶本 様

 

トレーナー:野呂田 郁美

 

訓練試験:

 

コメント

 預かり訓練として入学してすぐの頃は、ハウスから出る度に、

「おうちに帰る!!」

 と主張するように門に向かおうとする子でした。

 それに加え、コミュニケーションを取る為におもちゃで一緒に遊ぼうとしても、反応はするけれどくわえることはせず、投げても通り過ぎてしまうような感じでした。

 さらにはじめの頃は、アイコンタクトもなかなか取れない時期もありました。

 忍耐勝負のようなスタートでしたが、まずはアイコンタクトが取れるようになるため、他のわんちゃんよりスキンシップを多めに取るよう心がけました。その方法として、ゆずちゃんの名前を呼び、目が合ったら褒める、たくさん撫でる、を繰り返し、繰り返し行いました。

 それと同時進行で、おもちゃに興味を持ってもらうため、不規則に動かしたり投げたり。様々な方法を試していきました。

 ゆずちゃん自身が学校の環境に慣れはじめた頃、アイコンタクトが取れるようになってきました。同時に、基本的なものに加え、様々なトレーニングが順調に進めることができるようになりました。

 そして、問題行動として伺っていた引っ張り癖については、ハウスからトイレまで、ハウスから運動場まで、などの短い距離の移動中でも、ゆずちゃんが先行してしまった時はチェックを入れ、隣を歩く、ということを繰り返し教えていきました。

 その結果、ゆずちゃん自身も、人の隣を歩くということが意識でいるようになりました。

 4ヶ月という比較的短い期間でしたが、楽しい貴重なお時間をありがとうございました。

  • お気軽にご相談ください 株式会社 梅香荘警察犬・家庭犬学校へのお問い合わせ048-726-2423
  • お気軽にご相談ください メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
Pagetop
Page top