バイコーソウニュースベント BAIKOUSOU NEWS

卒業犬紹介

2018年7月3日 卒業

【卒業】加藤ジョン

犬種:ラブラドール・レトリバー

 

 

呼び名:ジョン

 

生年月日:2017年10月31日

 

 

オーナー様:K・M 様

 

トレーナー:野呂田 郁美

 

訓練試験:

 

コメント

 元気の塊のようなジョンくんは、いたずらをなくしてほしい、元気なのは嬉しいけれど少し落ち着いて欲しい、ということで、4ヶ月間預かり訓練でトレーニングをすることになった子でした。

 ご家族からのご要望はよくわかります。けれど入学当時のジョンくんは生後4ヶ月。まだまだありあまる好奇心と体力を持てあましている時期です。そのエネルギーをいたずらではなく、運動で満たせるように方向転換させるようにトレーニングをしていくことになりました。

 元気の塊でさらに、とても人懐っこいジョンくんとのトレーニングはとても楽しいものでした。トレーニングにおもちゃを使うことで運動量を増やし、運動する満足感を覚えてもらいつつ、スキンシップをたくさん撮りました。

 その結果、トレーニングも順調に進み、ジョンくん自身もとても楽しそうに向き合ってくれました。

 基本的なトレーニングはもちろん、お家に帰ってからは飼い主様の指示で落ち着けるよう、卒業後の生活を前提にした方法でのトレーニングも加えていきました。例えば、ハウスから出す前におもちゃを使って遊んだり、テンションが上がって飛び跳ねてしまうのを防ぐためにリードを短く持つようにしたり、といったことです。

 結果、卒業の頃には問題行動として伺っていたほとんどのことは解決していました。とはいえ、またなにかの拍子にテンションが上がりすぎてしまうことがあるかもしれません。飼い主様には、お伝えして方法をお試しいただけたら嬉しいです。

 4ヶ月という短い期間でしたが、充実した時間をありがとうございました!

 大きくかっこいい男の子になったジョンくんに会える日を楽しみにしています!

2018年6月9日 卒業

卒業 中村エルマー

犬種:ジャーマンシェパードドッグ

 

呼び名:エルマー

 

生年月日:2017年6月25日

 

オーナー様:中村 様

 

トレーナー:藤村 麻央

 

訓練試験:CDⅠ CDⅡ PBHⅠ

 

コメント

 この梅香荘で生まれたエルマーくん。はじめて会ったのは、まだ兄弟犬とヨチヨチ校内を駆け回っていた頃でした。そんな可愛らしい姿に魅せられたのは、もちろん1人2人の話しではなく、お客様含め、見掛けた人全員の心を掴んでいたのではないでしょうか。

 そんなエルマーくんはその後、中村様ご家族の元に引き取られていきました。

 そして4ヶ月がたった頃、すくすくと育ったエルマーくんは、「可愛い」から「カッコイイ」に変身するため、預かり訓練のコースで入学しました。

 入学当初は、人や他犬種に向かって吠えてしまうことが多く、繊細な面が目立っていました。そこで、トレーニングメニューは基本的なものはもちろん、エルマーくん特別メニューとして、人や他犬種との触れ合いを取り入れることにしました。

 どんなことも“慣れるとへっちゃら”なタイプのエルマーくんは、トレーニング=楽しいこと、と覚えてくれたおかげで、新しいことをどんどん覚えていってくれました。同時に、学校で一緒に暮らしている他犬種とも徐々に慣れ、仲良くなっていけました。その結果、入学当初は多かった無駄吠えも目に見えて少なくなっていきました。

 学校の中でのトレーニングだけではなく、エルマーくんは展覧会、競技会に何度も出陳させていただきました。どちらの会場も、たくさんの犬、そして人が集まる場所ばかり。以前のエルマーくんならば、難しい条件だったと思います。

 けれど、トレーニングが進み、経験を積んだ後は、そのような中でも落ち着いて実力を発揮してくれる、そんな強さを持ったかっこいいシェパードに成長してくれました。

 私自身、はじめて担当させていただいたシェパードがエルマーくんだったので、犬種としての特徴や気質に加え、エルマーくん自身の性格と合わせて、なにもかもが手探りの毎日でした。

 それでも、エルマーくんと一緒に様々な方法を試していく毎日は、とても新鮮でかけがえのない宝物になりました。

 二人三脚で頑張ってくれたエルマーくん。そしてそんな可愛いエルマーくんを預けてくださった中村様ご家族に、とても感謝しています!

 一旦、お家に帰った後、再度預かり訓練のコースで戻ってくるエルマーくん。

 さらに上のレベルのトレーニングを目指し、もっともっと頑張ります!

 まずはここで一区切り。お疲れ様でした!

 またお会いできる日を楽しみに待っています!

2018年6月4日 卒業

卒業 生駒くま

犬種:ジャーマンシェパードドッグ

 

呼び名:くま

 

生年月日:2017年6月25日

 

オーナー様:生駒 様

 

トレーナー:荻野 明美

 

訓練試験:PBHⅠ

 

コメント

 生後4ヶ月でお預かりしたくまくん。学校生まれで、生駒様の家族に迎えていただいたという経緯の子でした。その為、他の預かり訓練で入学した子たちに比べて、環境に慣れるのがとても早く、すぐにトレーニングをはじめることができました。

 なにに対してもすぐに興味を示してくれるくまくんは、ボールや他のおもちゃが大好き。おかげで、トレーニングをはじめたばかりの頃にぶつかりやすい、集中し続けるという課題を難なくクリアできていました。もちろん、トレーニングの時ばかりではなく、元気いっぱいのくまくんにとって各種のおもちゃは、追いかけて走り回れる、大好きな遊び相手にもなっていました。

 トレーニングと並行してくまくんが頑張っていたのは展覧会でした。最初は言われるままにただコースを走っていたのではないかと思います。けれど練習を重ねていくうちに、真っ直ぐ前を見つめて、凛々しくピンと耳を立てて集中を途切れさせることなく走りきってくれるようになりました。

 参加したどの展覧会でもくまくんは優秀な成績を修め、生駒様にも表彰台に立っていただくことができました。

 はじめの頃はとても小柄で線の細い子でしたが、様々なトレーニングをこなすうち、すごく大きく成長していきました。

 やる気があり、活発なくまくんは一緒に遊ぶことが大好きだったので、警察犬協会の訓練試験を目指したトレーニングをプラスしていきました。そして無事、PBHⅠという訓練試験に合格することができました。

 たくさんのことにチャレンジさせていただき、くまくん自身にもとてもいい経験になったと思います。

 卒業後も、ぜひ遊びにいらして下さい。

 お会いできるのを楽しみにしています!

2018年5月19日 卒業

【卒業】梶本ゆず

犬種:ボーダーコリー

 

呼び名:ゆず

 

生年月日:2016年2月27日

 

オーナー様:梶本 様

 

トレーナー:野呂田 郁美

 

訓練試験:

 

コメント

 預かり訓練として入学してすぐの頃は、ハウスから出る度に、

「おうちに帰る!!」

 と主張するように門に向かおうとする子でした。

 それに加え、コミュニケーションを取る為におもちゃで一緒に遊ぼうとしても、反応はするけれどくわえることはせず、投げても通り過ぎてしまうような感じでした。

 さらにはじめの頃は、アイコンタクトもなかなか取れない時期もありました。

 忍耐勝負のようなスタートでしたが、まずはアイコンタクトが取れるようになるため、他のわんちゃんよりスキンシップを多めに取るよう心がけました。その方法として、ゆずちゃんの名前を呼び、目が合ったら褒める、たくさん撫でる、を繰り返し、繰り返し行いました。

 それと同時進行で、おもちゃに興味を持ってもらうため、不規則に動かしたり投げたり。様々な方法を試していきました。

 ゆずちゃん自身が学校の環境に慣れはじめた頃、アイコンタクトが取れるようになってきました。同時に、基本的なものに加え、様々なトレーニングが順調に進めることができるようになりました。

 そして、問題行動として伺っていた引っ張り癖については、ハウスからトイレまで、ハウスから運動場まで、などの短い距離の移動中でも、ゆずちゃんが先行してしまった時はチェックを入れ、隣を歩く、ということを繰り返し教えていきました。

 その結果、ゆずちゃん自身も、人の隣を歩くということが意識でいるようになりました。

 4ヶ月という比較的短い期間でしたが、楽しい貴重なお時間をありがとうございました。

2018年5月18日 卒業

卒業 岩元ロン

犬種:ピジョンフリーゼ

 

呼び名:ロン

 

生年月日:2017年 4月30日

 

オーナー様:岩元 様

 

トレーナー:渡辺 美幸

 

訓練試験:

 

コメント

 元気いっぱいで遊びたい気持ちの強いロンくん。

 訓練でお預かりする前、お家では甘噛みと、先住犬を追いかけ回してしまうことがお困りで入学しました。

 はじめの頃のロンちゃんは、人にはとてもフレンドリーで、すぐにどのスタッフにも懐いてくれました。同時に、誰がハウスの前を通っても「遊ぼう!」と全身で誘ってくる積極的な一面を持っていました。

 けれど相手がわんちゃんとなると、その積極性が嫌がられてしまう部分でもありました。それはまだロンくんが犬同士の遊び方を知らなかった、というだけだったので、少しずつ慣らしていくことにしました。

 これについては、他のスタッフにも協力してもらいながら、パピー教室で他のわんちゃんたちと触れ合う回数を増やし、犬同士の遊び方、加減を覚えていきました。

 そんなとても元気でフレンドリーなロンくんですが、雨や風の音、他のわんちゃんの鳴き声など、大きな音に過敏に反応してしまう繊細な面も持っていました。

 その所為か、はじめの頃はおもちゃにもなかなか反応してくれず、ロンくんの「遊びたい! 遊ぼう!」という気持ちになかなか応えてあげることができずにいました。

 この気持ちを上手に誘導していくことで、お困りだと伺っていた甘噛みの改善に繋がっていくので、場所や内容を変えながらロンくんが楽しいと思える組み合わせを探していきました。

 そして、はじめておもちゃで引っ張りっこができた時は、とても感動した瞬間でした。

 勿論、ロンくんが学校で学んでいたのは、遊び方だけではありません。基本のトレーニングも頑張りました!

 とても賢いロンくんは、基本になるトレーニング、「スワレ」「フセ」をあっという間に覚え、練習中も指示にすぐ反応してくれていました。

 ところが、どこにいても元気いっぱいなロンくんは、「マテ」が少し苦手。更に、移動の時に必要になる抱っこも、走り回ってしまい苦手にしていました。

 なので、「マテ」の他、抱っこをする前に「ダッコ」と声をかけることで指示としての言葉も覚えてもらいながら、落ち着いて抱っこができるようにしていきました。

 そして入学から5ヶ月。元気いっぱいなところは変わらないまま、それでも指示には上手に応えることができるようになったロンくんは、卒業となりました。

 ロンくんと過ごした5ヶ月間、試行錯誤の連続で大変だと感じることもありましたが、同時にたくさんの感動もいただきました。

 ありがとうございました!

 またいつでも遊びに来てください、お待ちしています!

2018年5月14日 卒業

【卒業コメント】渡邊ココ

 

犬種:ゴールデンレトリバー

 

呼び名:ココ

 

生年月日:2016年11月14

 

オーナー様:渡邊様

 

トレーナー:猪鼻 克実

 

訓練試験:CDⅡ

 

コメント

2017年4月下旬。当時はまだ生後5カ月で、幼稚園の通学コースからスタートしたココちゃん。4ヶ月経った頃、ご家族の都合で預かり訓練のコースに変更となりました。

ゴールデンレトリバーという犬種は、とても活発な大型犬で、毎日の十分な運動としつけを必要とします。ココちゃんもその例に漏れず、とても賢く元気いっぱいの女の子でした。

とはいえ、私自身、ココちゃんと同月入社の新人。犬の知識もまだまだ乏しい中、先生や訓練士の諸先輩方にご指導いただきながら、泥んこになりながら体当たりでココちゃんと接してきました。

初めは何をどうしたいいのかわからずココちゃんの方が一枚も二枚も上手でしたが、徐々に意志の疎通が出来る様になり、今何を考えているのか、どうして欲しいと思っているのかが分かる様になっていきました。

その頃には、自然とトレーニングも進むようになり、すんなりと指示も伝わるようになっていきました。そうして共に成長していく中で競技会に3回も出場させていただき、毎度試行錯誤の連続でしたが、大きな学びの時でもありました。それらの経験を通し、おこがましい表現かもしれませんが、まるで家族が一人増えたような心持ちになっておりました。

そして卒業が決まった後は、共に成長してきたこの1年間がとても価値のある大きなものとなっていました。初めての担当犬という事もあり、感慨深いの一言は言い表せない胸に迫るものがありました。

今回、ココちゃんに出会わせてくださった渡邊様、そしてご指導いただいた先生、諸先輩方には感謝に堪えません。

これからもペットホテルのご利用やお教室へ通われると伺っております。これからもココちゃんの担当として接する機会をいただければこの上ない幸せです。

ありがとうございました。

2018年5月8日 卒業

【卒業コメント】保坂ビル

犬種:ジャーマンシェパードドッグ

 

呼び名:ビル

 

生年月日:2017年2月21日

 

オーナー様:保坂 謙次様

 

トレーナー:水野 彩子

 

訓練試験:PBH Ⅰ・CD Ⅱ

 

コメント

保坂様とは、先住犬アールくんのしつけ教室の頃からお世話になっています。

お父様の夢であった、ジャーマンシェパードを相棒にすることの相談を受けてから、一緒に仔犬選びから始めました。

そして待望の仔犬がビルくんです。

骨格が太く、立止がとてもかっこいいビルくんは、預かり訓練でトレーニングを始めてからは展覧会にも出場しました。

学校生活では、他犬種との挨拶や、人との触れ合いを大切にし、ビルくんの苦手な事や物をなくすために、それを探りながらトレーニングに励みました。例えば、暗いところが大嫌いでしたので、あえて夜にトレーニングをすることもありました。

他には、保坂様の元に帰ってからのことを考え、学校の外を歩き、散歩の練習もしました。

参加した展覧会会場では、たくさんの人、犬、大きな音に囲まれるので、今後の生活のためにはとてもいい経験になったと思います。

卒業後は通学トレーニングとなります。

ジャーマンシェパードという防衛本能が強い犬種ではありますが、今後は保坂様と共にかっこいい、けれどフレンドリーで一緒に暮らしやすい子になっていくよう、お手伝いさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

2018年2月22日 卒業

尾林様ハル

犬種 : オーストラリアン ドゥードゥル

 

呼び名 : ハル

 

生年月日 : 2016年5月13日

 

オーナー : 尾林様

 

トレーナー : 野呂田 郁美

 

コメント

興奮すると手に負えないというお悩みで入校したハルちゃん。

始めの1ヶ月は週3~4日の通学トレーニング、その後お家の事情で約2ヶ月半お預かりして訓練を行いました。

トレーニング開始時は、触ろうとすると“ビクッ”とする神経質な面が見られました。まずは無理に触ろうとせず、声を掛けたりおやつをあげてコミュニケーションを取りました。

通う回数を重ねる毎に、ハルちゃん本来の明るさも出てきて、外ではあまり興味を示さなかったオモチャ遊びも2週間後には咥えて遊ぶようになりました。

“スワレ”“フセ”“マテ”“アトへ”をお家でも行っていたという事で、訓練がスムーズに入りました。また、ハルちゃんは素直で賢く新しい事もどんどん覚えていきました。

訓練以外では、興奮時の対処を徹底しました。

ケージ内で吠えている時は“スワレ”をさせ、冷静になるようにしました。

また、外に出る為にリードをつけようとトビラを開けると飛び出してくる事が当初あった為、“スワレ”“マテ”をさせてからつけるように心掛けました。

徐々にわかってきたのか、トビラを開けると自分から座るようになりました。

お家でもこれを続けていただけたらと思います。

ハルちゃんとの楽しい時間をありがとうございました。

またお会い出来る日を楽しみにしています。

2018年2月20日 卒業

【卒業コメント】大浦ボス

犬種:フレンチブルドック

 

呼び名:ボス

 

生年月日:2014年12月6日

 

オーナー様:O・A 様

 

トレーナー:藤村 麻央

 

訓練試験:CD Ⅱ

 

コメント

興奮すると吠えたり、人に噛むようになったことがお困りで入学したボスくん。

知らない人が急に触ってきたり、何かの拍子にビックリした時、吠えたり人に噛み付いてしまうことがあったようです。

特に男性には非常に敏感でした。

お預かりしていた6ヶ月間は、基本的なトレーニングを進めつつ、ご飯・おトイレの際のルールを作り徹底しました。それと並行して、興奮してしまった時に制止の指示が聞けるようにする為のトレーニングもトレーニングメニューに加えました。

最初はチェーンを首にかけるところから怖がっていたボスくんですが、少しずつスムーズにできるようになり、徐々に体を触らせてくれるようになりました。

ボスくんはおもちゃが大好きなこともあり、一つ一つのトレーニングが進みやすく、段階を踏んだ課目を難なくこなせるようになっていきました。

トレーニング以外では、人に対する恐怖心がなくなるよう色々なスタッフにおやつをあげてもらったり、遊んでもらう機会を多く設けました。

また、ご飯の時の「スワレ」「マテ」の指示や、お散歩から帰ってくる時の「ハウス」までの流れを、ボスくんにわかりやすい形でルールとして作りました。そしてアイコンタクトを取りながらルールを教え、他のスタッフにも協力してもらいながら徹底していきました。

結果、これらのトレーニングを経て、CD Ⅱの訓練試験に合格しました。

これからはお家でも指示をしっかり聞いて、トレーニングで学んだルールを守ってくれる事と思います。

6ヶ月間、お疲れ様でした。

2018年1月27日 卒業

悟空

◼️犬種 : ポメラニアン

 

◼️呼び名 : 悟空

 

◼️生年月日 :2010 年1月26日

 

◼️オーナー : 赤川様

 

◼️トレーナー :松田 夏生

 

◼️訓練試験 : CDⅡ

 

◼️コメント

6ヶ月前、まだ夏の暑い時期に入学した悟空くん。

人見知りもなく、入学から一週間とかかわらず全てのスタッフと仲良くなれました。そして、同居犬のチチちゃんと一緒に運動場を走り回るなど、明るく元気な様子を早い時期から見せてくれていました。

入学のきっかけは、不意に噛み付くことがあり困っているというものでした。

食べることが大好きな悟空くんのトレーニングは、ご飯やおやつをご褒美として準備しながら進めて行きました。

まずはアイコンタクトを取れるようになること。そしてトレーニングそのものを楽しんでもらうことにポイントを置きました。人間でも、やらなければ、という思いだけのトレーニングは辛いものです。

元気いっぱいの悟空くんには、まずトレーニング=楽しいこと、と覚えてもらおうと思ったのです。

スワレやマテといった基本的な内容は勿論、他のスタッフにも協力してもらいながら、人に触れられることは嬉しい事だと覚えてもらいました。

結果、シャンプーやブラッシングなどの日常的なお手入れ、移動の時の抱っこも大人しくしていられるようになり、不意に噛み付いてしまうということがなくなりました。

そして迎えた卒業。最後にチャレンジした訓練試験ではCDⅡに見事合格しました。

6ヶ月もの長い間、元気いっぱいのかわいい悟空くんを預けて下さった赤川様。本当に有難うございました。

またいつでも遊びに来て下さい!お会いできる日を楽しみにしています!

 

 

  • お気軽にご相談ください 株式会社 梅香荘警察犬・家庭犬学校へのお問い合わせ048-726-2423
  • お気軽にご相談ください メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
Pagetop
Page top