バイコーソウニュースベント BAIKOUSOU NEWS

卒業犬紹介

2019年12月21日 卒業

IMG_8253

犬種:MIX

呼び名:ぷく

生年月日:2015年5月20日

オーナー様:領塚 和夫 様

トレーナー:味澤 英敏

訓練試験:CDⅠ・Ⅱ・Ⅲ 合格

コメント

 ぷくちゃんは、愛くるしい表情に反し噛み癖が激しく、御家族に対してもふとしたことで噛むということでお預かりをさせていただきました。

 入校した当初、爪切りはもちろん抱っこやブラッシングでも威嚇し、手やコームに噛みつくという状態であり、まず抱っこやブラッシングに慣らすことから始め、すぐにおとなしくブラッシング等をさせてくれるようになりました。

 しかし、御面会時にぷくちゃんの頭をなでようとしたところ、激しい噛みが始まりました。実はぷくちゃんは、「その場にいる一番好きな人」にのみ気を許すため、誰がいるかによって噛みつきの度合いが変わる子でした。そのため、普段指導手に噛み癖が出なくとも、御家族がいらっしゃると噛みが再発したのです。おうちにいるときも同じで、その時におられる御家族次第で噛み方、噛み先が変わっていました。

 求められる訓練は、ぷくちゃんの許容範囲を広げていくこと。まず多くのスタッフに気を許し、その上で「一番好きな人以外」に触られても構わないと思ってもらうことが、噛み癖を直すのに必要なことでした。

 これは時間がかかる訓練であり、しばらくの間、御面会時に興奮し、噛み癖が出ることが多くありました。しかし、持ち前の賢さで服従訓練は非常に順調に進んでおり、預かりの後半にはそれも相まって飛躍的な成長を見せ、噛み癖が出ることもほとんどなくなりました。

 また、服従訓練においては入校当初から素晴らしい実力を発揮し、大きくつまずく課目もほとんどありませんでした。そのおかげで集中力を伸ばすことを重視することができ、CDⅠ、CDⅡはもちろん、難関のCDⅢであっても集中力が途切れることはほとんどなく、危なげなく合格することができました。

 長い期間、ぷくちゃんと訓練をすることでさまざまなことを学ばせていただき、ありがとうございました。今後とも、何かございましたらぜひ御相談ください。

2019年12月7日 卒業

ウィル卒業コメント

犬種:ロットワイラー

呼び名:ウィル

生年月日:2018年6月27日

オーナー様:K M 様

トレーナー:若林 茉歩

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ 合格

コメント

お散歩中の引っ張り、興奮し出すと言う事を聞かなくなるという事で基本的なトレーニングを身につけるべくお預かりさせて頂きました。

入校当初のウィル君は生後11ヵ月でした。幼さが残っており可愛らしい顔をしていました。警戒心があるものの人懐こいウィル君は、スタッフに撫でてもらうたびに笑顔を振りまいていました。

トレーニングではおもちゃを使い、人と一緒に楽しく遊ぶことから始めました。とても意欲的に接してくれたので、トレーニングでは集中して行う事が出来、「スワレ」「フセ」をはじめ基本的なトレーニングはすぐに覚えてくれました。

しかし、やはりオーナー様の言う通り、学校でも興奮してしまったり、ウィル君自身がこうしたいと思ったときは、指示を聞いてくれませんでした。興奮をコントロールし、気分関係なくどんな時でも指示を聞く事が出来る様にするために、毅然とした態度を持ち、コツコツとトレーニングを積み重ねていきました。その結果、今までは指示を聞かなかった場面できちんと指示を聞くことが出来るようになっていきました。例えば、オーナー様とのご面会の際に、以前は嬉しくて興奮してしまい、とても聞く耳を持ってくれませんでしたが、興奮してもそれを抑え、指示に従い、落ち着くようになりました。また、お散歩中の場面でも、はじめは通りすがる車や犬などに対し興奮してやはり聞く耳持たずの状態が、トレーナーに意識を向け「あとへ」の指示に従い、通りすがりのワンちゃんが通っても落ち着いて歩く事が出来るようになりました。

今回のトレーニングによって、ウィル君とご家族の皆様がより楽しく幸せに過す事が出来る事を願っています。

6ヵ月間、ウィル君をトレーニングさせて頂き有難うございました。また、いつでも遊びにきて下さい。

2019年 10月20日 卒業

卒業コメントモンちゃん

犬種:ミニチュアダックスフンド

呼び名:マロンモンブラン(モンちゃん)

生年月日:2013年3月

オーナー様:松村 様

トレーナー:堤 優華

 

コメント

モンちゃん(マロンモンブラン)は、吠える事と、嫌な事をされると噛む事がお困りで入学しました。

年齢が6歳ということもあり、慣れてくれるようになるまでに時間がかかるかと思われましたが、入学当初から食欲旺盛でマイペースに過しているようで安心しました。

モンちゃんの“嫌な事“”である口周りや足先を拭くと口が出ていましたが、服従トレーニングの「まて」を何度も繰り返しトレーニングし、「まて」の指示を出すことで、口周りや足先を拭かれても我慢をする事が出来るようになりました。手足を触られることも嫌なようでしたが、これは「おて」「おかわり」を通して、自分から手を出すようトレーニングをし、自分から手を触らせてくれるようになりました。

今後は通学トレーニングで引き続きトレーニングをしていきます。「おて」「おかわり」の練習では、松村様も帰宅後にもしっかり練習をして下さり、その結果、今では嫌な顔せずに触らせてくれるようになりました。今後もトレーニングを頑張らなければいけませんが、今後もモンちゃんと共に学び成長していきたいと思います。今後とも宜しくお願い致します。

2019年 10月9日 卒業

コウスケ卒業コメント

犬種:バセットハウンド

呼び名:コウスケ

生年月日:2015年8月8日

オーナー様:掛川 様

トレーナー:味澤 英敏

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ

 

コメント

 噛み癖があり、御家族と仲よくできないというお悩みで入校したコウスケ君。入校直後は穏やかな顔つきで、どんな噛み癖があるのかイメージがわきませんでした。しかし、いざコウスケ君と触れ合うと、すぐにその言葉を理解することになりました。
 顔の近くに手が近づくと目が緑色になり、訓練でリードを下に引くとズボンに噛みつき、撫でようと手を腰に近づけると振り向いて手を噛む。触られることが嫌いなため噛むことに加え、コウスケ君が意図をつかめない行動をし、ほんの少しでも混乱をすると、何はさておき噛みついて拒否を示すという習慣になっていたのです。
 そこで、まず座る、伏せるという簡単な、日常生活に特に必要な動作を教え、できたら体を撫でることで、訓練を進めつつ体を撫でられることの気持ちよさを教えていきました。日常生活で要求されること全般をここで徐々に教え、人から何を求められているかわからず混乱するという状況をできる限り減らすことが、コウスケ君が日常生活を穏やかに暮らす上で肝腎であったためです。
 立って、待て、おいで、抱っこ等の訓練や、爪切り、シャンプー等に慣れさせ、最終的には無抵抗のまま抱っこで車に乗せることが可能になり、また体を撫でまわすと横になって舌を垂らすほどリラックスしてくれるようになりました。その後、競技会にチャレンジし、さらに訓練試験にも挑戦。見事、CD1とCD2に合格することができました。
 「人がほんの少しでもまごつくと混乱する」というコウスケ君の性格上、今後もオーナー様やコウスケ君自身へのサポートが必要となります。そのため、掛川様はとてもお忙しい身ながらもしつけ教室と通学を続けてくださることになりました。日常生活では、思いもよらない状況に陥ることも珍しくありません。その際には、教室や通学を通して誠心誠意、解決に取り組ませていただきます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2019年 10月4日 卒業

卒業コメント【ラン】

犬種:ゴールデンレトリーバー

呼び名:ラン

生年月日:2018年7月21日

オーナー様:大野 様

トレーナー:堤 優華

 

コメント

お散歩中の引っ張りや、先住犬の子と一緒に吠えてしまうということで、基本的なトレーニングを身につけるべくお預りさせて頂きました。

入学当初、ランちゃんは生後9ヵ月で、まだパピーっぽさが残る可愛い女の子でした。そして明るく元気なランちゃんはスタッフ全員にしっぽを振って、愛想を振りまく人気者でした。

トレーニングでは、はじめはおもちゃを使って楽しく遊ぶことから始まりましたが、周囲の人や犬に、さらにはひらひら落ち葉にも気が散ってしまい、中々遊びを通したコミュニケーションを継続させる事が出来ませんでした。しかし、日々基本的なトレーニングを積み重ね、集中力を継続させることが出来るようになりました。

トレーニング以外では、ランちゃんは、興奮すると勢いよく吠えることがありました。ハウスから出ると嬉しさの興奮からか吠えるので、そのような場面では「スワレ」「マテ」の指示を出し、一旦落ち着かせてから、次の行動にうつるようにしました。また、ハウスの中でも吠えていたら「やめ!」の指示を与え、吠えるのを止めることが出来るようトレーニングを重ねました。

卒業前は、オーナーの大野様にも、ご面会にいらした際の対面の練習を行い、興奮してしまっても抑えて指示を聞く事が出来るようトレーニングを重ねていきました。

5ヶ月間のお預りトレーニングでしたが、基本的なトレーニングはもちろん、自分の興奮をコントロールし人の指示は聞くということを身につけることが出来ました。

卒業後は大野様ご家族と先住犬の子と楽しく過して頂ければと思います。

また、いつでも遊びに来て下さい。

 

2019年 7月28日 卒業

IMG_8448

犬種:レオンベルガー

呼び名:ヒナタ

生年月日:2018年7月29日

オーナー様:前野 様

トレーナー:荻野 明美

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ

 

コメント

生後6ヵ月で入校したヒナタ君。とてもやんちゃで、家のものをイタズラしたり、甘噛みをしたり、拾い食いをしてしまうということで、しっかり基本的なトレーニングを入れるべくお預りさせて頂きました。

オーナーである前野様のご愛犬をお預りするのは、ヒナタ君で4頭目です。

ヒナタ君は、前野様と3頭の先輩犬から愛情をたっぷり受けながら育ったのでしょう、性格はとっても素直で、友好的で意欲的な子でした。だからこその問題行動でしたと思います。そしてやはり引っ張りや飛びつきもあり、生後6ヵ月で体重30キロ、これからもっと大きくなるので、そのままにしてしまう事はやはり危険です。それらの点も改善すべく、しっかりトレーニングを行いました。しかし、大きいからといって厳しい訓練ではなく、ヒナタちゃんの素直な性格を尊重しながら、大好きなおもちゃで楽しいトレーニングを心掛けました。

結果ヒナタ君も楽しそうにトレーニングを受け、みるみる覚えていき甘噛みなどの問題行動は基本的トレーニングの指示によって防ぐことが出来るようになりました。そして、JKCの訓練試験中等科(CD1・2)の試験に合格するまでとなりました!

学校生活で、ヒナタ君はすくすく成長し、卒業が間近にせまった頃には、ヒナタ君は45キロまでに体重が増え、足の間に入ると足が浮いてしまう程の体高になりました。

前野様宅へ帰ってからも、ご家族に愛され、先輩犬のソラ君・ユズちゃん・コブシ君とも仲良く幸せに暮らすことでしょう。

今後はお教室に通って頂けるということなので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

2019年 7月15日 卒業

IMG_4395

犬種:ジャーマンシェパード

呼び名:リリィ

生年月日:2017年5月18日

 

オーナー様:植田 様

トレーナー:荻野 明美

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ 

        P D PHAⅠ

 

コメント

入学当初のリリィちゃんは、指導手を凄い勢いであっちこっちと引っ張り回し、普通に真っ直ぐ歩くことが出来ない状態でした。

「人の指示を聞く」という事をまずしっかり見直さなければいけないと考え、トレーニングでは、まずボール遊びを通して人に意識を向ける事をトレーニングしました。リリィちゃんはとても意欲が強い子でした。しかしアイコンタクトが全くとれず相変わらずあっちこっちと注意力散漫で、コミュニケーションが上手くいきませんでした。

それでも根気強く行い、何とかボールに集中させ、一つ一つの動作を何回も何十回もトレーニングを繰り返しました。そんな毎日のトレーニングを重ねて、人に意識を向ける・人の言うことを聞く事を覚えていきました。それからは、リリィちゃんの本領発揮!実際はとても頭の良い子ですので、覚えは早く、家庭犬の服従だけで無く、警察犬の訓練課目の臭気選別のトレーニングにもチャレンジ。自発的に動く難しい課目ほど上手にこなしました。

トレーニング以外の日頃の生活でも指示は徹底して行いました。特に歩くときは「あとへ」を徹底し、引っ張らせないように努めました。その結果、リリィちゃん自身もリードを持つ指導手を意識するようになり、引っ張りが改善されました。

リリィちゃんは在校中、シェパードの展覧会・訓練競技会にチャレンジし、知らない環境で、知らない人や犬がたくさんいる中でも指導手の指示を聞く事を経験し、とても良い勉強となりました。

卒業が近づくと、家庭犬の服従訓練試験(CDⅠ・Ⅱ)と警察犬の服従訓練・臭気選別(PAHⅠ)の試験にもチャレンジ。無事に合格することが出来ました。

8ヶ月間もの間リリィちゃんを預けて頂き有難うございました。

今後もお教室に通って頂けるということなので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

2019年 7月14日 卒業

IMG_4659

犬種:ジャーマンシェパード

呼び名:あおば

生年月日:2016年6月3日

オーナー様:小林 様

トレーナー:堤 大和

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ 

        P D PHAⅠ

 

コメント

神経質な性格で、家ではとってもお利口さんなのに、外では他の犬に対して過敏に反応し、逆毛を立てながら過剰に吠えてしまい、お出かけが出来ないという事で入校したあおばちゃん。

入校当初も、やはり前を通る犬、近くに来る犬に対してすぐに反応して大きな声で吠えていました。

トレーニングをしてコミュニケーションを深めるうちに、とても素直で真面目な一面が見え始め、「待て」「フセ」等で興奮のコントロールが出来るようになり、指示を出す事で過剰に吠えることを防ぐことが出来る様になりました。

あおばちゃんはとても物覚えが良く、警察犬の臭気選別など色々な課目をチャレンジする事が出来ました。そして、卒業時には家庭犬の訓練試験CDⅠ・Ⅱはもちろん、警察犬訓練試験PAHⅠの試験に合格することが出来ました。

卒業して寂しくなりますが、梅香荘での経験を活かし、ご家族で楽しくお出かけして頂ければ嬉しいです。

5ヵ月半という期間可愛く優秀なあおばちゃんをトレーニングさせて頂き有難うございました。

2019年 6月16日 卒業

シロウ

犬種:ゴールデンレトリーバー

呼び名:シロウ

生年月日:2017年11月4日

オーナー様:王 様

トレーナー:野呂田 郁美

訓練試験:JKC CDⅠ・Ⅱ 

 

コメント

基本的なトレーニングとおトイレトレーニングをすべく、生後4ヵ月のとっても可愛い時期に入校したシロウ君。

入校当初は学校の環境に怖がる様子もなく、スタッフに喜んで近づく子でした。

トレーニングでは、まずコミュニケーションをはかるべくおもちゃ遊びをしましたが、物品意欲はあるのに、中々しっかり咥えてくれませんでした。まだ人と遊ぶことに慣れていない様子でしたので、引っ張りっこ遊びでおもちゃを咥える事からトレーニング。「咥えたら褒める」・「おもちゃを軽く引っ張っても咥えていれば褒める」を繰り返し、人と遊ぶ=人に集中する事を教え、そこから基本的なトレーニングを取り入れていきました。トレーニング以外では、月齢が近いワンちゃんと遊んだり、また梅香荘のスタッフ以外の人とも交流し、沢山のお客様に「可愛い!可愛い!」と可愛がられてきました。

また、おトイレトレーニングでは、早朝・午前中・食後・午後・食後・寝る前と毎日こまめにおトイレに出し、ハウスでは我慢し外でする事を教えていきました。

約1年4ヵ月という長い期間トレーニングをさせて頂きながら、シロウ君と様々な経験をさせて頂きました。いくつの競技会と展覧会にもチャレンジ。色々な場所に出かけ、共に学んでいきました。共に過ごした期間が長い分、卒業してとても寂しかったです。しかし、今後はペットホテルでご利用頂けるとの事。元気なシロウ君に会えることを楽しみにしております。

2019年 5月20日 卒業

DSC_0008 (002)

犬種:ゴールデンレトリーバー

呼び名:たろう

生年月日:2019年5月20日

オーナー様:島村 様

トレーナー:松田 夏生

 

コメント

お散歩の時に引っ張ることや、リードをかじる事がお困りで入校したたろう君。ハウスから出すとひたすら行きたいところへ行こうとする等、エネルギーが有り余って上手く発散させることが出来ない様子でした。なので学校ではまず、一緒におもちゃで遊ぶことを沢山行いました。おもちゃ遊びを通じて運動量を満たして上げることはもちろん、親交を深めていき、トレーニングの基礎となる「トレーナーに注目する事」「人の声に耳を傾ける事」を教えていきました。そして徐々に遊びの中に基本的なトレーニングを取り入れ、「あとへ」「来い」「マテ」と言った家庭犬の服従トレーニングにつなげていきました。もちろん日頃の生活でも、歩いて移動するときは「あとへ」の指示に従う、お手入れやシャンプーの際には「マテ」の指示でじっとするなどトレーニングの内容を活用し、落ち着いて行動する事も出来るようにしていきました。結果、お散歩の引っ張りも改善でき、元気で少々落ち着きのなかったたろう君が落ち着いて人の指示を聞けるまでに成長しました。しかし、まだまだ年齢的にとってもエネルギッシュな時期ですので、卒業後もたろう君のトレーニングのサポートが出来ればと思います。今までたろう君と楽しくトレーニングをさせて頂きありがとうございました。今後とも、何かありましたら是非ご相談下さい。

  • お気軽にご相談ください 株式会社 梅香荘警察犬・家庭犬学校へのお問い合わせ048-726-2423
  • お気軽にご相談ください メールでのお問い合わせ お問い合わせはこちら
Pagetop
Page top